ヘアカラー

<パウダー、クリームブリーチ23選>タイプ別で違いや特徴を解説。

  • どのメーカーのブリーチが明るくなりやすいの?
  • 特徴や違いは何?

通常ブリーチといえば天然色素(メラニン)を脱色して黒髪を明るくする脱色剤です。

ダブルカラー(二回カラーをする事)や、ポイントカラー(ハイライトやインナーカラー)の時によく使います。

ブリーチをすると透明感のある髪色ができます。

今回はメーカー別にブリーチの違いを解説します
まずはブリーチにはパウダータイプ、クリームタイプと分かれていますが、実際に何が違うよかのか?

ブリーチの種類
  • パウダータイプ

強力なパワーをもつ過硫酸塩を主成分として、助剤に粉末のアルカリ剤が含まれている。アルカリ度が高いので髪への負担は大きいけど、脱色効果は抜群です。

  • クリームタイプ

主成分はアルカリで、しっかりと髪の毛にからみつくので液だれを防げます。髪へのダメージを抑えつつ脱色できますが、髪の毛が明るくなりにくいです

◆ブリーチカラーのご使用上の注意点 ◆
ご使用の前には必ず使用説明書をよく読んで、正しくお使いください。
染毛の前には毎回必ず皮膚試験(パッチテスト)アレルギー試験をしてください。
薬剤や洗髪時の洗い液が目に入らないようにしてください。染毛中の入浴や染毛の前に髪をぬらすと、薬剤がたれて目に入るおそれがあります。
幼小児の手の届かないところに保管してください。
地肌に刺激を感じたり、髪をいためたりすることがあります。

次の項目に当てはまる方は染毛しないでください

(皮膚や体が過敏な状態になっており、かぶれをおこしたり、現在の症状が更に悪化する可能性があります)

  • 今までにヘアカラーして発疹、発赤、かゆみなど、かぶれの症状を起こしたことのある方
  • 皮膚試験(パッチテスト)の結果、異常が生じた方
  • 頭、顔、首筋にはれもの、傷、皮膚病がある方
  • 生理時、妊娠中または妊娠している可能性のある方
  • 出産後、病中、病後の回復期にある方、その他身体に異常がある方
やまかげ
やまかげ
ブリーチに限らず、美容室で行うヘアカラーも同じことがいえる注意点なので、体調が優れない場合、ヘアカラーが頭皮に合わないなどの場合は無理をしないでくださいね

それではブリーチ力を5段階設定に分けてご紹介します

ブリーチ力☆5 ファイバープレックスパウダーブリーチ

シュワルツコフのファイバーボンドテクノロジー搭載のパウダータイプのファイバープレックスブリーチ(450グラム)はジカルボン酸が髪の毛への負担をかけずに明るくできます。クリーミーで処方なので、2剤を混ぜた際にダマにならず、スムーズに混ざ流のでとても使いやすいです。

ファイバープレックスパウダーブリーチにおすすめオキシ(二剤)

  • 混合比 パウダー1:オキシ(二剤)2〜3
  • 塗り終わりの放置時間は最大で「30分」です

ブリーチ力☆5トーナーブリーチ パウダーEX

中野製薬のトーナーブリーチ パウダーEXは高いブリーチ力で、ノンダストタイプ顆粒状なので粉飛びが少ないです。長時間クリーム状態が持続するため塗布しやすくムラになりにくいです。

トーナーブリーチ パウダーEXにおすすめオキシ(二剤)

 

  • 混合比 パウダー1:オキシ(二剤)3
  • 塗り終わりの放置時間は最大で「30分」です

ブリーチ力☆5 アレス ブルーブリーチ

アレスコスメティックのブルーブリーチは脱色力と、操作性(使いやすさ)にこだわったパウダータイプのブリーチ剤です。

おすすめオキシ(二剤)

 

  • 混合比 パウダー1:オキシ(二剤)2〜3
  • 塗り終わりの放置時間は最大で「30分」です

ブリーチ力☆5 ホワイトボム

世界中から認められているマニックパニックのホワイトボムブリーチは速く明るくなり、傷みが少ないです。

おすすめオキシ(二剤)