スタイリング剤

Lebel(ルベル)|おすすめのトリエ スプレー LS6の使い方を美容師が徹底解析した

face=”150.jpg” name=”やまかげ” align=”right” border=”green” bg=”green” style=””]この記事は、美容師がおすすめするトリエ スプレー LS6を使い方を分かりやすく解説した記事です。
トリエ スプレー LS6は髪を濡らさない霧で一度つけたら軽やかにふんわりとスタイルをキープさせたり、さらにしっかりとキープさせたい時は「その上から重ねてスプレーを振ることも可能です」
ドライな霧なので髪の毛を濡らさずにふんわりと軽いヘアスタイルにも対応できて、しっかりとヘアスタイルもキープできます^ ^
[/chat]
 

この記事でわかること

  1. トリエ スプレー LS6って使いやすいの?使い方が簡単?
  2. トリエ スプレー LS6の特徴が知りたい

ルベルの商品はデザインがシンプルで使いやすく、様々な人に合うように作られている商品が多く、美容室でも多く取り扱っています

やまかげ
やまかげ
トリエ スプレー LS6は仕上用のヘアスプレーです。トリエスプレーシリーズの中ではホールド力とキープ力が中間の強さです。パワーコントロールで自由自在のスプレーなので、微調整もしやすいのでヘアスプレー初心者の方にもオススメできます^ ^

Lebel(ルベル) トリエ トリエスプレー LS6の特徴

ルベルのヘアスプレーは、女性だけでなく男性にもおすすめできるクオリティの高いアイテムばかりです

ヘアスプレーを使うときの注意点

  • ヘアワックスなどでセットした後、スタイリング剤が油分を含んでいるので重さで崩れてきてしまいます。そこでヘアスプレーをしてあげることで、ペタッとせずにスタイリング後の髪をキープしてくれます。
やまかげ
やまかげ
またスプレータイプのスタイリング剤もありますし、ツヤを出すためのスプレーもあります!スプレーの種類にもよりますがキープ力が強いスプレーを一箇所に振りすぎると、一度セットした髪を直しにくいので、スプレーを振り方は気をつけましょう!

トリエ スプレー LS6を実際に使ってみました

トリエ スプレー LS6を使って使用感をまとめました!  

  • STEP1
    使い方
    ソフトに仕上げたい時は髪の毛から20センチ以上離して薄ずけするのがオススメです
  • STEP2
    アクセントをつけたりしっかりキープさせたい場合は再度スプレーをしてください
  • STEP3
    毛流れや毛先の動きをキープする時はスプレーを適量に振りながら手ぐしで整えてください
  • STEP4
    スプレーが目詰まりした場合はスプレーの先端のボタンを外してぬるま湯につけてからすすいでください
使用感
  • すぐに固まらないのでやり直しがきくので使いやすい
  • ふんわりとした軽い質感をキープできる
  • 程よく固まるので、ヘアアレンジのアップスタイル時に使いやすい
  • 巻き髪スタイルをふんわりとキープできる
  • ガチガチに固まりにくい
やまかげ
やまかげ
トリエ スプレー LS6は軽めのミストなのでベタつき感もなくとても使いやすいです。
「ゆるふわなヘアスタイル」と相性◎

Lebel(ルベル) トリエ スプレー LS6のまとめ

いかがでしたか?

トリエ スプレー LS6の特徴と使い方を解説しました

まとめ
  • 手直しがしやすいのでヘアスプレー初心者の方にオススメできる

トリエ スプレー LS6は男女問わずオススメできるヘアスプレーで、かっちり決めるといううよりかは

ヘアスタイルをふんわりとキープさせたい」という悩みを解消してくれるアイテムです

とても使いやすいヘアスプレーなので是非試してみてください

ご参考になれば幸いです

あなたに合うヘアスプレーがみつかりますように