ヘアカラー

ブリーチなしで作る 「マットやオリーブ」緑を使った髪色まとめ

この記事はブリーチなしの髪色に緑「マットやオリーブ」のヘアカラー剤を使って作った

ヘアスタイルをわかりやすく明るさ別にヘアカタログにまとめた記事です

やまかげ
やまかげ
ヘアカラーでいうとマットは日本人の赤みがでやすい黒色の色素を抑えるため、補色の関係を用いて緑を使うことがあります。ブリーチありですと、緑が強調されるすぎると明るく見えにくくなり、色みがくすみ、顔色が悪く見えます。ブリーチなしですと仕上がりが茶色ベースなので失敗も少ないです^ ^
ソフトマット(薄緑)だと落ち着いた柔らかい印象になります
こんな人におすすめ
  • 地毛が赤みが強くて嫌
  • ブリーチをしないカラーが好き

自分の髪の毛の明るさの目印となるもの

よく美容室でも、カウンセリング中に「〜レベルのカラーにしました!!」など、聞いたことありませんか?

女性
女性
よく美容室で担当さんから「〜レベルのカラーにしました!!」と言われますが、いまいちなんのことかわかりません‥‥
やまかげ
やまかげ
簡単にいうと、カラーレベルとは明るさを(明度)表しています

このレベルの状態によって染まり具合が変わってきて、この写真でいうと18レベルに近いほど透明感のあり、透け感のあるカラーができます


髪の毛が左から低い数字から並んでいます

数字が高ければ髪の毛は明るくなります

カラーでは色の明るさの目印をレベルで表します

ヘアカラーをする前の髪色レベルの状態によって染まり具合仕上がりが変わり、

この写真でいうと18レベルに近いほど明るさがあり透明感のある、カラーに仕上がります

髪色の見え方
  • カラーレベル 2〜4 [真っ黒]
  • カラーレベル4 「黒髪」
  • カラーレベル4〜7 「地毛」
  • カラーレベル8〜11 「茶髪」
  • カラーレベル12〜18「金髪」
  • カラーレベル 18〜20[白髪]
やまかげ
やまかげ
それでは、マット系の髪色を明るさ(レベル)別に暗い5トーンの髪色からご紹介します

5(トーン)レベル 赤み打ち消し効果抜群!マットグレージュ

やまかげ
やまかげ
明るさでいうと、5トーンのかなり濃いめのマットを使ってます。5トーン以下のカラー剤は暗くしたい時、黒染めで使う時に多い明るさです。

 

5(トーン)レベルマットアッシュ

マットに青味が加わったマットアッシュ

おしゃれに暗くしたい時におすすめです

退色後の髪色もきれいです

6(トーン)レベル オリーブ アッシュ

やまかげ
やまかげ
6〜7トーンは地毛より少し明るめの色です。職場で髪の毛の明るさが厳しいところに勤める方や、ヘアカラー初心者の方におすすめできる明るさです。

6トーンがヘアカラー初心者の方におすすめできる理由は、

ヘアカラー後の髪色は基本的に必ず退色します

退色後の髪色(特に毛先部分)は基本的に施術してもらったトーンよりも明るくなります

  • 6レベルで染めたら→6.5、7レベル

6(トーン)レベル マットグレージュ

赤みが強く、アッシュになりにくい髪質におすすめです

退色後のくすんだ髪色になります。

7(トーン)レベル カーキグレージュ

やまかげ
やまかげ
職場の髪色の規定も7トーンが多く、色味によって照明の光具合で透けて見える明るさです。

7(トーン)レベル マットベージュ

マット特有の緑になりすぎることなく、ベージュの色味をプラスした髪色です。

アッシュのクールな髪色をイメージ変えたい時は是非試してみてください

8(トーン)レベル マットグレージュ

やまかげ
やまかげ
8トーンは明るすぎず、暗すぎず、「明るさ、色味」の両方を感じれる明るさです。

マットグレージュは定番の髪色です。幅広い髪質に合います。

アッシュやマットの特徴を楽しめる髪色です。

8(トーン)レベル ブリーチなしマットグレージュ

この髪色は、ヘアカラーをする前の髪色が明るい状態(色落ち後)にするとめちゃくちゃ綺麗に色が入ります。

もし地毛が茶色の場合は、9レベル、10レベルのマット系の髪色を繰り返し明るくしましょう。繰り返すことで地毛の茶色が薄まり、色が入りやすくなります

8(トーン)レベル ブリーチなしカーキベージュ

マットグレージュに比べると、緑っぽくなにりくいベージュよりの柔らかい髪色です

9(トーン)レベル マットベージュ

剛毛で赤みが強く、アッシュになりにくい悩みを解消します

光に透かすとぎらいついた明るはなく、ベージュの色味でほんのりと明るく見えるので

6レベルや7レベルの暗めの髪色に飽きてきて、少し攻めた髪色がしたいときにおすすめの髪色です。

9(トーン)レベル ミントゴールド

9(トーン)レベル マットベージュに比べると、明るく見えやすい髪色です。

明るく見えやすいので、カラーチェンジしたい時におすすめです

10(トーン)レベル マットブラウン

やまかげ
やまかげ
9〜10トーンの明るさは、照明の光で明るく見えて、透明感を感じる明るさです

10(トーン)レベル カーキベージュ

10(トーン)レベル マットブラウンに比べると、薄めの色合いです。

髪質が硬くて、薄いなりにくい人におすすめです。

赤みをしっかりと削ってくれます

 

11(トーン)レベル スモーキーマットアッシュ

やまかげ
やまかげ
髪色が退色した時に出やすい明るさです。色の種類も感じやすくなります。

11(トーン)レベル マットアッシュ

アッシュの色落ちが早い方におすすめできる髪色です。

どうしても色落ちが早い場合は、1度6レベルか7レベルの髪色をすると、マットな雰囲気をキープできます

11(トーン)レベル カーキグレージュ

地毛の赤みと退色後の黄色みを抑える髪色です。

12(トーン)レベル ミントアッシュ

やまかげ
やまかげ
12トーンは基本的に通常のカラー剤のチャートで1番明るい場合が多く、色味も薄いです(メーカーによっては14レベルのカラー剤もあります)髪質によって、オレンジっぽく退色(色落ち)します

 

12(トーン)レベル マットベージュ

12(トーン)レベル ミントアッシュに比べると、ベージュの効果で髪色全体に柔らかさがあります。

12(トーン)レベル カーキアッシュ

地毛の赤みを抑えます。1回のヘアカラーで明るくしたい方におすすめできます。

12〜14(トーン)レベルの髪色はかなり色落ちが早いです。頻繁にヘアカラーをするのは大変なので、定期的にカラーシャンプーをすると明るい髪色をキープできます

14(トーン)レベル オリーブアッシュ

やまかげ
やまかげ
14トーンから上のトーンはブリーチありじゃないと、出ない明るさです。(メーカーによれば14トーンのカラー剤もあります)
毎回12レベルのカラー剤を繰り返して積み重ねると、中間部分の髪の毛から、毛先ならブリーチなしでも作れます。かなり透明感を出せます。

14(トーン)レベル カーキグレージュ

14(トーン)レベル オリーブアッシュに比べるとアッシュの青の色味マットの緑の色味両方ともの良さを含んだ明るい髪色です。

ここまで明るい髪色になると、暗い髪色をしたら色味がはっきりと分かりますし、退色後の髪色も抜群にきれいです

まとめ

いかがでしたか?

いかがでしたか?
ブリーチなしでも可愛い、マットやオリーブのヘアカラーはできます

透明感のある髪色をするにはヘアカラーをする前の髪の毛の明るさが明るいほど、ご自身の好みの髪色に近づけます^ ^

ご参考になれば幸いです^ ^

あなたに合う髪色に出会えますように