ヘアカラー 特集

「ただの黒髪はイヤ!!」抜け感たっぷり おしゃれな黒髪ヘアカラーのまとめ

黒髪ヘアカラーって何?
黒髪ってオシャレなの?

この記事は髪の毛の長さ別に分けた黒髪ヘアカラーのヘアスタイルを解説してまとめた記事です。

こんな人におすすめ

就活で髪の毛を暗くしないといけない

アッシュやグレーを使った黒髪にしたい

一般的に思う黒髪のイメージ

良いイメージ

  • ツヤツヤに見える
  • 色味が濃く入るのでカラーの色持ちが良くて、色が落ちてくるのも楽しめる
  • 清楚に見える
  • 光に透かすした時かなりオシャレに見える
  • 退色しにくい

悪いイメージ

  • 重たく見える
  • 地味に見える
  • 赤っぽく見える(赤になるのが嫌な方限定イメージ)

 

などなど
上記のような、ダークカラーの悪いイメージを紹介しましたがブリーチをしたり、スタイリング次第でプラスなイメージに変えることができます


黒髪をオシャレに見せるコツ

黒髪って重たく見えやすいんですが、かまのけその悩みも髪の毛の土台の明るさを変えれば解決できます

どうやって髪の毛の土台の明るさを変えるか?・ブリーチで全体の明るさをあげる

・ハイライト(細かいスジを作って明るくするやり方)を作って全体の明るさをあげる

・明るめのカラーをやり続けて、コツコツと髪の毛の土台の明るさを上げる

こちらの写真は

女性の口コミ
女性の口コミ
けどブリーチしたら髪の毛が痛みませんか?

この髪の毛が痛むことはブリーチする際の悩みだと思います

結果から言うと、絶対に痛みます

けど、ブリーチによる髪の毛にかかる負担を最小限に抑える事は可能です!!

うちのお店ではブリーチをする際必ずファイバープレックスを使用するのをオススメしてます。

ファイバープレックスとは?

ブリーチと一緒に使う補助剤です!!
具体的な内容はこちらの記事を参考にしてください

「たった5分だけでブリーチ対策できるの!?」ファイバープレックスを使った ・ファイバープレックスって何するもの? ・使い方は簡単なの? この記事はブリーチにファイバープレックスを入れてから...

ブリーチにファイバープレックスを使用後の写真がこちらです

髪の毛にかかる負担を最小限に抑える事ができます!!

いろんなカラーに挑戦したくても、「どう説明していいかわからない」「やった事がないから不安」

そういう悩み解消方法は美容室にカウンセリングのみで行かれるのも良いです

変に時間に追われる事もなく、落ち着いてヘアスタイルを相談できると思います

その他にもしやってみたい、挑戦したいヘアスタイルの写真を事前にネットやSNSで調べたりすると、不安も少なくなると思います。

やまかげ
やまかげ
ご自身がやりたいヘアスタイルで不安があれば気軽に美容師さんにご相談してくださいね

それでは黒髪ヘアカラーをご紹介します

オーダーの多かった人気の黒髪ヘアスタイル(髪型)

 

通常カラーに飽きた方におススメです!!

全体をブリーチして、土台の明るさを十分に上げてから、根元はしっかり濃厚なグレイをのせて、毛先部分はほんのり明るくなるようにグラーデーションで染めてます!!所々ハイライトも入っているので、退色後も楽しめます

ブリーチで髪の毛にかかる負担を減らしたい!!けどブリーチをやってみたい方におススメです

ホームカラーを繰り返して、髪の毛にかかっている負担が蓄積されている状態です。そういう時は全体ブリーチせず、細いメッシュ(細かいスジ)を作って全体が立体的に見せて明るします!!髪の毛にかかるも負担少ないので挑戦しやすいです!!

ブリーチをしたくない!!けど綺麗な透明感のあるグレージュがしたい方におススメです

仕事柄ブリーチしたくてもできない!!髪の毛にかかる負担を減らしたい、なんらかの理由でブリーチができない場合でも、透明感のあるグレージュはできます!!
始めは濃厚に色が入るので、色持ちも良く、退色後の色の変化も楽しめます

番外編!!!!

通常カラーに飽きた!!何か変化をつけたい場合

暗さと明るさを両方ともしちゃおう!!

毛先にマニキュアを入れて雰囲気を変えたら??

 

黒髪ヘアカラーのまとめ

いかがでしたか?

今回は髪の毛の長さ別に分けた黒髪ヘアカラーについてお話ししました

まとめ

染める前の髪の毛が明るければ明るいほど、透き通った黒髪ができる

オシャレな黒髪は、アッシュやグレーがおすすめ

黒髪ヘアカラーはいろんな種類があります。

「あなたはどんな黒髪になりたいですか?」

みなさんに合うヘアスタイルがみつかりますように

参考になれば幸いです

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。