一条工務店 ismart

[ 一条工務店 ismart ブログ ]一軒家を購入決断する時の注意点「 賃貸アパートと一軒家の比較」

私は将来住むなら絶対に一戸建てがいい

この言葉が本当に実現する(一条工務店のismartを購入する事)とはまったく思ってもなかった

第3話 一軒家について相談を受ける

米子に住み始めて一年が経とうとしていた時だった

特に何も特別な日でもないのに急に

妻が

「ねーこのアパートにいつまで住もうとか考えてる?」

と話を切り出してきた

僕は興味の無い話をされると全然話を聞こうとしないし

僕の機嫌が悪くなる

「えっ?特に考えてないけど」

と僕はかなり喧嘩腰だった

なぜなら興味もない話だし、長くなるし、つまらないし、とにかく嫌だった

ここから役一年、一条工務店で契約するまでは家の事になると嫌な雰囲気になるの事が続いた

賃貸アパート住む上で出てくる問題が

「賃貸アパートに住んでて家賃払うのってもったいないと思わない?」

後々振り返ってみると、なるほど!!ってなりましたが

当時の僕は正直、一戸建てだろうが、マンションだろうが特にもったいないっていう考え方もなく住めたらいい!!っと思ってた

はっきり言ってその時は

どうでも良かった

もちろんこのタイミングで何も決まる事もなく、ただ雰囲気が悪くなっただけでこの日は終わった

将来の事を決める上で、夫婦の会話は必須です笑僕の場合は特にそう感じました
マイホームを持つか持たないかという問題は人生でとても大きな買い物になると思います!契約が決まった後も色々決める事がありますし、何度も工務店に足を運ぶことが多くなるし思った以上にかなり時間を使います。まぁほぼ妻がしてましたが
夫婦間でこういうギクシャクした感じになる前に、1日10分でもいいので時間を作って、お互いが納得できるまでコツコツと話し合いをしといた方が絶対にいいです。
後々、「僕はこうしたかったのに、勝手に進めたやん」「私前もこういう事言ったよね?」曖昧に話を進めると、本当に危険です笑

 

賃貸アパート良い面、悪い面があります

一条工務店を契約するまでの経験の中で僕が思う賃貸アパートで住んだ時の良い面、悪い面

賃貸アパートの良い面悪い面

良い面
1 ライフスタイルの変化へ対応しやすい

子供が増えたから部屋数を増やしたい
自立して子供が家から出たので部屋数を減らしいたい
親の介護が必要になったので実家の近くになるべく住みたい
といったパターンの時、部屋数の増減や住む場所の移動がしやすくて、住み替えが簡単
ライフサイクルの変化に対応しやすいと思います

2 設備メンテナンスに気を使わなくて良い

一戸建てを購入している場合、家の劣化により修繕の必要がありますが、賃貸アパートの場合は、修繕や管理などのメンテナンスは貸主さん側で対応してもらえる

3 まとまった初期費用がかからない

賃貸アパートの場合家賃とは別で敷金、礼金が数ヶ月分、大体数十万単位かかってきますが
一戸建て購入となると、手付金、登録費用を合わせると数百万単位で初期費用がかかってきます

悪い面
1 どんな場合になっても支払い続ける必要がある

物件を借り続ける限り、家賃の支払いが発生します
将来収入が大幅に減る退職後にどうやって家賃を払い続けるか?賃貸アパートにずっと住む場合、とても大きな課題になってくるのではないでしょうか

2 壁の穴1つあけるのにも許可がいる

基本的に貸主への断りなしに物件へ手を加える事はできません
自由にリフォームすることや、壁に穴をあけることもできません
住居を自分のやりたいようにカスタマイズするのは難しいです

3 資産として残らない

物件を購入すれば、当然自分の資産として残す事ができます
賃貸は資産になりません
自分の世代の為に家を残したいと思う場合はこの問題を考える必要があります

結果的に一戸建てを購入する事になりましたが、僕は良い面悪い面すら考えようとしなかったダメな夫です笑

早いうちから話し合いをしていおくとスムーズに事が進むと思います

続く

次回 工務店についていく

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。